乳酸菌の役割について

乳酸菌という言葉は誰もが効いたことがあると思います。
ですが、乳酸菌とは?その役割は?と聞かれると答えられる人は少ないはずです。

 

知っているようで知らない乳酸菌についてまとめてみました。

 

 

■乳酸菌とは?

 

一言で言うと、乳酸菌は善玉菌の一種です。
元々私たちの腸にいるもので、炭水化物を使って代謝を行い、乳酸を作り出すことで腸内を酸性に保ちます。
これが乳酸菌の大きな役割である”腸内環境が整う”という状態です。

 

 

■善玉菌・悪玉菌・日和見菌とは?

 

腸内には100〜500種類の100兆個の細菌が存在しています。
善玉菌・悪玉菌はもうご存知かと思いますが、腸内環境のバランスを保つのに重要なのが日和見菌です。

 

日和見菌はどちらでもない仲裁の立場ですが、優位になった方をサポートする習性を持っています。
悪玉菌が多いとその手助けをしてしまうのでより一層腸内環境が悪くなるという事です。

 

腸内美化には日和見菌を味方にすることがポイントとなります。
そのために乳酸菌を補うのが効果的です。

 

 

■乳酸菌の効果とは?

 

先にあげた乳酸菌の役割である腸内環境を整える事で体にはどんな変化があるのでしょう?

 

・免疫力を高める
・アレルギー症状、花粉症を和らげる
・アトピー性皮膚炎を軽くする
・コレステロール値を低下させる
・美肌効果
・貧血予防

 

乳酸菌が腸内環境を整える事で、悪玉菌が出す毒素が全身へ巡るという事がなくなります。
悪玉菌が出す毒素が美容と健康の様々なトラブルの発端となっているので、こういった様々な効果が得られます。

 

乳酸菌を増やすのにはヨーグルトをはじめとする発酵食品、乳製品、サプリメントから摂取できます。
体温や消化液に負けてしまう程デリケートな乳酸菌ですが、最近では腸まで生きて届くタイプも研究されているので、そういった乳酸菌を摂るといいでしょう。

 

一緒にオリゴ糖や食物繊維と摂ると乳酸菌のエサとなり更なる効果も期待できますのでおすすめです。

 

美容と健康の基盤は腸にあるといっても過言ではありませんね!
乳酸菌は年齢とともに減少するので、積極的に摂取したいものです。

 

 

 

関連ページ

乳酸菌と花粉症の関係とは?
乳酸菌で花粉症が和らぐと話題ですが、実際には乳酸菌がどう花粉症へ働いてくれるのでしょうか?効果的な乳酸菌とメカニズムをご説明いたします。
乳酸菌がアトピーを救うって本当??
乳酸菌を摂るだけでアトピーの症状が和らいだり、改善したり、また発症を防げるようです。乳酸菌とアトピーの関係をまとめてみました。
腸全体で効く!カルグルトの乳酸菌5種類!
カルグルトには5種類の乳酸菌が含まれています。Sの5種類は腸全体で効くように考えられているようです。5種類それぞれの乳酸菌の特徴や効果をまとめてみました。
ニキビの原因の汚腸内を乳酸菌でお掃除!
ニキビの原因は腸内の老廃物によるそうです!それをキレイにしてくれるのが乳酸菌です。ニキビに効果的な乳酸菌の摂り方をご紹介します。